磯 釣り伝説

り伝説、三宅島の

三宅島の りでは、1M-OVERのメジナが出没する。
りをしていると、三宅島のメジナは水面からジャンプをするのが見える。





り伝説、和歌山県串本町潮岬アシカでの
 
 アシカで りをしていると、太郎90cmOVERのメジナ、花子80cmOVERのメジナが60cmオーバーの子メジナを従え、磯の周りを釣り人をあざ笑うかのように、ゆうゆうと泳ぎ、オキアミではなく、ウキをなめにくる。

後ろをついてくる子グレが60cmOVER。





り伝説、和歌山県那智勝浦町、山成のハゲ島の
ギューちゃん70cmOVERのメジナ

一時期、 り界に、この噂が立って、ビッグフィッシング等でハゲ島の りが組まれたが、
この り伝説は胡散臭かった、
森本氏が、ハリスを切っていった魚を確認、
メジナではなく、バカでかいイスズミだった、という話が。

これが私の近辺の主な り伝説。




り伝説、それは各地の りにある。
「切られた魚は本当に大きい」から、 り伝説になるのだが、
この伝説も りの醍醐味だ。

鹿児島で80.3cmのメジナ記録を釣った人がいたが、当時 り界に非常に大きな影響を与える。
残念ながら りではなく、船釣り、

しかし、これで80cmオーバーのメジナが りに存在することが証明された。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。