磯 釣り・和歌山県那智勝浦町 黒島の親

り・和歌山県 那智勝浦町 黒島の親




こういう名前の島があるんです。



親があるということは、当然、黒島の子。という島も隣に並んでいるのですが、





なんと、この二つの島、地元では有名な りポイントで、黒島の親では、コンスタントに40クラスのグレ(メジナ)が釣れる磯。


黒島の子では、一発大物メジナで、しかし、ひたすら切っていく、取れない程でかいのが掛かってくる磯。

磯竿 をリールシートの上から、折れんばかりに ひん曲げてぶち切っていく大物。





見ている方も手が震え、動機が高鳴り汗が出る始末。





そんな有名な りポイントです。






たいてい、他府県から来た人は、勝浦のハゲ島、山成群島に上がってしまうのですが、リアルタイムに り情報がよく入ってくる地元の人は、


勝浦お蛇浦のまん前の、和市、黒島の親、黒島の子という磯に上がって りをするのです。







信じられませんよね
そりゃそうですよね、つい後ろ50mが地磯ですから、渡船で来てそんな地に近ところでるなんて・・・・・



気持ちも分からないでもありません。

でも、古座に行って御覧なさい、もっとビックリするようなることになります。

それでもまた、釣れるんですから、信じられない。





でも、この りポイント。
慣れてくると凄いですよ。








まず、黒島の親の釣り方。


真ん中の小高くなったところから、前に張り出している三角の沈み根の先から、その沈み根に沿って、右に流す。





それを少量の撒き餌と合わせながら、このる。




意外とセオリー通りに近い りですが、その仕掛けを流すポイントとサラシのタイミングといい、流し方といい非常に繊細な りになって、


イメージを沸かせて釣る、非常にやりがいのある、面白い りになります。







ハリスは2号。
ウキ下は、1ヒロ矢引き、深くても2ヒロ。





那智勝浦町 りは、熊野の りと違って浅くしないと、まったく釣れません。ご注意を!!!







那智勝浦町出身の私が、好きな磯は

 1.那智勝浦町   ・呑み取り
 2.串本町潮岬   ・アシカ、コデシマ、ドウネ
 3.尾鷲市     ・神須の鼻
 4.串本町田並   ・アシカ
 5.串本町有田   ・長島
 6.那智勝浦町宇久井・駒崎
 7.那智勝浦町宇久井・赤島
 8.那智勝浦町   ・黒島の親
 9.那智勝浦町   ・黒島の子
10.那智勝浦町   ・ソバ島
11.那智勝浦町太地 ・ワレ島
12.那智勝浦町太地 ・アシカ



南紀州 近辺の りは、これらの島は絶対に外せないです。





以上、磯竿 をひん曲げられ、痛い目ばかり見ている地元 り師より。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。