シーシェパードはアメリカ海軍に行くべきである


和歌山県太地町にシーシェパードが来て、クジラ、イルカ捕鯨の反対運動をやっているのはご存知だと思います。

先日太地町クジラ博物館に入館しようとしたところ反捕鯨団体は入館禁止しますと言われ、それで訴訟起こしてる問題。

そもそもお店側もお客選ぶ権利があり、明らかに業務妨害をする人はどの店でも入店拒否されます。

普通のお店でも入店拒否というのがあるのですから、これらはどうなるのでしょうか?


またオーストラリアのシーシェパードが反捕鯨活動をして、イルカを殺さないようにしよう。

ということですが、よくよく考えてみると太地町が自分たちが食べるためにとっているイルカの頭数と比べ、

アメリカ海軍の潜水艦のソナーがどれだけおびただしい数のイルカを殺しているのか。


イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの



を考えると、真っ先に行かなきゃいけないのはアメリカ海軍のほうじゃないのか。
となるのです。


確かにイルカは頭がいいです。可愛いです。一緒に泳ぎたいです。

そして人間の子孫かもしれません。

しかし太地町や昔日本が困窮していた頃、イルカや鯨を食べて生きてきた背景があります。


確かに今、イルカや鯨食べなくても生きていけるのかもしれません。

ところが、それを真っ先にやるのならば、やはり最もイルカを殺している場所。

そして、食べるためでもなく何のためでもなく、意味なく殺している場所。

そこに行かなくてはいけません。

その上で、できるだけ太地町も捕鯨によって得た収入と同じだけの金額を、イルカや鯨を使って別の方法で稼ぐというのに少しづつ移行していく。

そういう方向であるのが望ましいのではないかと思います。



また、シーシェパードもそこまでやるのならば、これからこの太地町からイルカを購入し、オーストラリアの水族館にすべてに購入する。

といった、そういうことも改めて本国に対して言わなければいけないんじゃないでしょうか。
→ 捕鯨問題の歴史社会学―近現代日本におけるクジラと人間



| 日記

磯 釣

200610211628001.jpg り。


愛知県渥美半島伊良湖、旅の途中。

ここは砂浜ビーチの投げ釣り。 りではない。

キス、いしもち、セイゴが釣れていました。
所変われば釣り変わる。

旅の醍醐味です、色々な釣りが見えます。

ところで伊良湖って りはないのでしょうか?



私は、地元、三重県和歌山県の りが好きだ
ハラハラするような、 り、メジナとのやりとり、

は、あまりに強引なメジナの突っ込みにこらえきれずに糸を出したり、
いきなり、もっていかれたりする。


りをしてて、いきなり乗っかってくるメジナの体重。
磯を踏ん張り釣るのが りの醍醐味。



引きが強いかどうかだけでなく、
竿を通して、磯の足場、磯の香りを通して人間の心に訴える、メジナの重量感。

り。



心臓、バクバク。




やばい時があります。

磯 釣りをやっていて、切られた瞬間なんか
頭の中が真っ白になって放心状態になる時があります。
りの糸が「ブツッ!」ッと切れた瞬間!


後悔と自分を責める言葉で一杯!


何であそこで糸を出したのか!
何であそこで糸を出さなかったのか!

極限ギリギリの世界、 り。


私は、そういう りが大好きです。



り、
に上がってる。を足で感じながらる、の香りを感じながらる。
の音を聞きながらる。磯の上でご飯を食べる、そんな時に限ってメジナの当たりが、、、

りと太陽、そして磯を吹き抜ける風、 り、通常の世界とはまるで別世界。
に渡って、普段とは違う世界をりを通して体験する。

り、ゴミは捨てるものではなく、他人のものも拾って帰るものが「本物の 師の り」である。
タグ:
| 日記

磯 釣とオキアミ

のエサはオキアミです。同じ でも石鯛はサザエ、ウニ、ヤドカリですが。




りの事が分かってても、オキアミの事は全く分かりませんが、



オキアミは、エビ亜綱 エビ下綱 ホンエビ上目 オキアミ目に属する甲殻類の総称のことらしいです。

アミとも言う。
エビに似て、プランクトン生活をおくる。
(生活、、、笑!)
食用、釣り餌、養殖の餌などに利用。
干しエビ、調味用の魚醤(蝦醤)の原料としても知られ美味。
ヒゲクジラ類の主要な餌料。

界 : 動物界 Animalia
門 : 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 大顎亜門 Mandibulata
綱 : 甲殻綱 Crustacea
亜綱 : エビ亜綱 Malacostraca
下綱 : エビ下綱 Eumalacostraca
上目 : ホンエビ上目 Eucarida
目 : オキアミ目 Euphausiacea


オキアミ科 Euphausiidae
Bentheuphausiidae



ですが、こんな難しいことではなくて、
りで、どういうオキアミが磯のメジナが釣れるのか?


これも りの経験則ですが、
よく、 りは、なるべく「小粒のオキアミ」と言われますが、
私の りはこれもまた違うんです。

私の りには、中くらいの大きさのオキアミで、色が白くなく赤くなく、
「ピンク色」
のオキアミを選んで針に刺したときに限って、大メジナが釣れます。


それも、 りですから、
繊細に「当たり前」ですが、尻尾をちぎって、オキアミの中に、針を全て入れ込んで、全く針が見えないようにして、 りをします。


私の りには、この「ピンク色」のオキアミが欠かせません。

り、やればやるほど、奥が深いです。
| 日記

磯 釣航空写真

航空写真、持ってますか?



には、大事ですよ。
紀東の 、房総の のシリーズの 航空写真です。


この ポイントの航空写真を持っているかどうかで、 が激変します、 釣果が変わるのは言うまでもありません。

のポイントが空から見えるようになるのですから、 ポイントの水深やサラシ、潮流を読めるようになります。



こんならないだろう、っていうを、る事が出来ます。
そこで釣果を出せるんです。

「呑み取り」という私の得意な ポイントは、その最も良い例です。




の航空写真と、釣りの航空写真は違います。

釣りの航空写真にはアオリイカや淡路島など多方面の釣り航空写真です。チェックしてみてください。


 航空写真


釣りの航空写真


タグ:
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。